ウーマン

ye dataは信頼できるメーカーです|パソコン修復もお任せ

データ復旧の鍵

男女

仕事で使っていたパソコンのハードディスクが故障した場合、ハードディスクを新品と交換したりパソコンを修理に出したりします。しかしながら故障したハードディスクに大事なデータが保存されている場合は、単なる交換や修理では話が済みません。メーカーの修理では故障したハードディスクを交換するだけで、中身のデータまでは復元してくれないのです。故障の程度が軽い場合は、市販のデータ復旧ソフトで問題が解決する例もないとは言えません。個人のパソコンならそれでもいいでしょうが、職場で使っているパソコンにはさまざまな重要データが保存されています。問題が発生したハードディスクは、稼働させればさせるほど故障の程度が深刻になるのが普通です。成功する保証のないデータ復旧ソフトを試みて復元確率を低下させるリスクを冒すよりも、プロのデータセンターに復旧を依頼するのが安全確実な方法です。依頼する際には壊れたハードディスクをできるだけ現状維持し、二重三重に緩衝材で包むなどして丁寧に扱うことが大切です。

故障したハードディスクからデータを復元することを専門にしているデータセンターなら、素人が試みるよりもはるかに高い確率でデータを取り出すことができます。そのために必要なハードディスクの分解作業1つ取ってみても、データセンターでは無菌室に近い環境を実現させたクリーンルームで実施するのですから素人にはとても真似できません。そうしたデータセンターを利用する際には注意点もあります。どの業者でも一律にデータ復元に成功できるというわけではないのです。当然のことながら、スタッフの技術力が高く豊富な設備を持っている業者ほど成功率が高くなります。逆に技術力や設備が十分でない業者は、たとえ料金が安くてもデータ復元率が高くないので利用は避けた方が無難です。信頼性の高いデータセンターなら、ハードディスクからのデータ復元方法などをHPで詳しく公開しているものです。概して情報量が多い業者ほど高い技術力と豊富なノウハウを持っていると推測できます。